読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文化祭イブ

はいどうも

20160731 今月のエンタメ

スカイ・クロラ森博嗣

森博嗣は『笑わない数学者』が大好きなんだけど、こういう物語もうまいよね。

スカイ・クロラ (中公文庫)

スカイ・クロラ (中公文庫)

 

 

『どんどん橋、落ちた』綾辻行人

久々に読者への挑戦状をやってみた。結果は3勝。まあこんなもんか。

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

 

 

『幻視の系譜』東雅夫

2回目。幻想文学のオムニバス。やっぱり梶井基次郎泉鏡花谷崎潤一郎が好き。

日本幻想文学大全II 幻視の系譜 (ちくま文庫)

日本幻想文学大全II 幻視の系譜 (ちくま文庫)

 

 

舞姫』森鷗外

レポートを書いた。G.H.ミードの「I」と「me」の考え方を使って豊太郎と物語構造の分析をしたけど、まあなんというかオタクあふれる感じになった。

舞姫・うたかたの記―他3篇 (岩波文庫 緑 6-0)

舞姫・うたかたの記―他3篇 (岩波文庫 緑 6-0)

 

 

現代社会学体系 第10巻 精神・自我・社会』ミード. G. H.

上のやつ。「me」が強すぎる人間なので注意したい。

Amazonなかった

現代社会学大系〈第14〉社会体系論 (1974年)

現代社会学大系〈第14〉社会体系論 (1974年)

 

 

『人生の親戚』大江健三郎

無垢は強調されすぎると、その反対の極のものになる、とオコナーはいっているわ。もともと、私たちは無垢を失っているのに。キリストの罪の贖いをつうじて、一挙にじゃなく、ゆるゆると時間をかけて、私たちは無垢に戻るのだとも、彼女はいってるわ。現実での過程をとばして、安易にニセの無垢に戻ることがつまりsentimentalityというわけね。

 

美術手帖 2016 8』

暦本純一さんの話が載っていたので買った。PSVR楽しみだな~。

美術手帖 2016年8月号

美術手帖 2016年8月号

 

 

『ねじの人々』若木民喜

神のみの作者が描く、ある意味で神のみの続編と書いてあったので買った。続編とは言いづらいけど、面白かったのでよしとする。

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

ねじの人々 2 (裏少年サンデーコミックス)

ねじの人々 2 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

山羊座の友人』ミヨカワ将

面白かった。絵も綺麗だし。多分この人が重要なんだろうなっていうのは分かってたけど、でも面白いよ。

山羊座の友人 (ジャンプコミックス)

山羊座の友人 (ジャンプコミックス)

 

 

氷菓 10巻』タスクオーナ

好みレベルがかなり上位の「連峰は晴れているか」と「心あたりのある者は」が収録されている。特に後者のほうは、短い文言から全ての推理を展開するっていうのが最高に好き。ほうたるになりたい。

氷菓(10)<氷菓> (角川コミックス・エース)

氷菓(10)<氷菓> (角川コミックス・エース)

 

 

暗殺教室 21』松井優征

最終巻。こちらはオマケだし、20巻の方が好きなわけだけど、まあ渚クンのその後がこんな感じなのかと知ってフムフムできた。

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

 

 

 

 

参加していた大会の本選だったり、先輩が(つい昨日)引退したり、期末試験だったり、なんか大変なひと月だった。

引退式、いいものに出来たと思う。けれど寂しさはぬぐいきれないので、これから頑張りましょう。次から副代表です。

https://twitter.com/Hawking_H/status/759397169983987712

 

 

あと立川でウナギ食べたあと、昭和記念公園で花火を見た。おいしいね。きれいだね。

f:id:hawkingh:20160731194321j:plain

f:id:hawkingh:20160731194333j:plain