INSERT COIN(S)

PUSH START BUTTON

2018-10-31から1日間の記事一覧

北村薫『六の宮の姫君』の読書感想文ーー「六の宮の姫君」は誰だったか?

先に断る。これは作品の否定ではない。 おもしろい小説だった。さらりとした文体で編まれながら、福音のように挿し込まれる一文。リズミカルに浮遊/着地を繰り返しつつ真相へと至っていく構造が小気味よい。そして物語の集大成として描き出される芥川と菊池…